2022年  年末調整ご案内

依頼されない場合は、自社で年末調整の申告をお願いいたします。

自社対応の方には年末調整資料の送付はありません。ご請求も発生いたしません。

■<年末調整作業ご依頼の受付>

  受付期限: 2022年11月10日(木)まで

経理宅配便に 年末調整 申告の 事務作業を依頼ご希望のお客様は、メールにてご案内の回答フォーム(■年末調整2022年分■依頼 <要・不要> 回答フォーム)にて、ご依頼ください。

​ご回答頂きましたご依頼者様に折返しご連絡の上、順次ご案内いたします。

 回答期限:11月10日(木)まで

 

 

 

経理宅配便に年末調整申告作業を依頼される方は、次におすすみください。

~年末調整 作業の流れ~

※令和4年分の年末調整は昨年と同じ手順になります。

 参照:国税庁より発信の「令和4年分 年末調整についてのお知らせ」 

 ↓

全従業員様に各申告書にご記入いただき、

各種生命保険の証明書や住宅ローン控除に関する申告書などと一緒に、ご提出していただきます。

 ↓

データまたは郵送で経理宅配便「年末調整係」までお送りください。

到着したお客様の分から順次控除など年末調整処理をします。

提出期間:2022年11月1日(火)~11月30日(水)まで

 ↓

(11月~12月) 控除など年末調整処理をして、

(1月)給与支払報告書・法定調書合計表(各市区町村・管轄税務署宛)を作成し、

お客様へお届けいたします。

 ↓

お手元に届きましたら、各位がそれぞれの申告書にマイナンバーの記入をして、

各市区町村・管轄税務署宛 に送付していただきます。

(詳細の手引きは順次ご案内いたします)

自社対応の方には年末調整資料の送付はありません。

ご請求も発生いたしません。

 

ご不明な点・疑問点がございましたら、​お気軽にお問合せください。

2022年10月吉日

​経理宅配便

年末調整とは

2年調とは420.jpg

毎月の給与から、さらっと引かれている税金「源泉所得税」を正しく計算し、還付されるのが年末調整です。(徴収する場合もあります)

この年末調整で計算し直せば、税金が多めに引かれていた場合は戻ってくる、ということです。そのために書類を提出する必要があります。

大部分の給与所得者は、この年末調整によって、その年の所得税の納税が完了することになります。

年末調が必要な対象者>>

​◆[提出書類]>>

​​◆令和4年分の注意事項>>

​Q&A、よくある質問

国税庁バナーよくわかるページ.jpg

住宅ローン控除、ひとり親控除、寡婦控除、その他年末調整の書き方に困ったら、注意事項など、国税庁のWEBサイトに、より詳しく説明があります。ご参照ください>>https://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm

kisairei-6mai-gazou.jpg

各用紙のダウンロード及び記載のしかたこちら>>

・【扶】令和年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

・【扶】令和年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

・【基・配・所】令和4年分 基礎控除 兼 配偶者控除等 兼 所得金額調整控除 申告書

・【保】令和4年分 保険料控除申告書

​チャットボットに質問

国税庁チャットボットふたば画像.jpg

個人の方の国税に関する相談は、国税庁の「税務相談 チャットボット(ふたば)」を気軽にご利用できます!